トコジラミや鳩の被害を改善する~駆除プロにお任せ~

糞の被害を防ぐ

extermination

駆除における今後の動向とは

日本国内に住み着く鳩は、一年中を通して、市街地のあらゆる場所で姿を見かけます。この鳩は「ドバト・河原鳩」と呼ばれる種類で、建造物の片隅を住処として、人間の食べ残しなどを餌としています。普段、人間からは危害を加えられることが少なく、近づいてくる個体も多く見られます。身近な存在である鳩も、人間にとって害となる場合があり、フンによる害が多くを占めています。そこで鳩の駆除となりますが、手段としては、忌避剤や防鳥ネットによって自己で解決する、専門の駆除業者に依頼して解決する、という方法があります。鳩は年々増え続けているものであり、今後は駆除専門業者も増えて来ることが予想されます。また、競合することによって、技術の向上と共に、今より更に利用しやすく、お得なサービスが打ち出されることも予想されます。

対策を実施する中での注意点

駆除における注意点として、まず理解しておかなければならないことは、日本に生息する鳥獣類のほとんどは、鳥獣保護法によって守られているということです。鳩についても、許可の無い殺処分を行うと、法によって罰せられてしまいます。そのような理由から「駆除」とは追い払うという意味となっています。鳩は、餌や場所に執着する習性があるので、駆除には確実な対策が必要となります。これは、鳩にとって住み心地の悪い環境を作り、追い払った後も、また戻って来ることのないような対策が必要となります。そのために、忌避スプレーで追い払った後は、入り込む隙間がないように防鳥柵を設けたり、専門知識と技術を持った業者による、確実な駆除が重要となっています。

Copyright (c) 2015 トコジラミや鳩の被害を改善する~駆除プロにお任せ~ all reserved. Photos by FreePixels. Design by TemplateGarden